「聖なる闇」と聖なる光が

欠けているものはなにもなかった

「フラワー・オブ・ライフ」二極性に見出される3つの要素、聖なる三位一体とは

「フラワー・オブ・ライフ」二極性に見出される3つの要素、聖なる三位一体とは

2014年頃だったでしょうか。

図書館で借りました。「フラワー・オブ・ライフ」

Amazonでもありますね。ちょっと高い。可能ならば図書館で借りるのが吉かと。

著者はドランヴァロ・メルキゼデク。割とぶっ飛んだひとだなぁという印象でした。

読むの面倒でした。太い本ですし。そして当時は意味不明だと感じていました。

「火星に関する」←これに拒否反応があった気がしています。潜在意識で拒否していたのかもしれません

火星?知りたくない!!しらないしらない。といった印象だった気がしています。

2021年10月21日現在、ルイーズジョーンズというイギリスの水晶のひと。

  • 火星は地球である
  • 数字の8を横にしたら・・ほぉら・・・ね?
  • 思い込みから抜け出しましょう

というような内容をまとめ動画にて拝見いたしました。

2021年現在では「もしかして:そうかも?」と感じれました

以下に「フラワー・オブ・ライフ」から非常に気になった箇所を抜粋してみます。

二極性に見出される3つの要素、聖なる三位一体

地球での状況を理解するため、先へ進むに際してさらなる情報を提示しましょう。自然界では、例えば男ー女、熱いー冷たいといったように、この現実(リアリティ)のどこにでも反対の法則が具象化しているのが見られます。

追記:反対の法則とは「二極性」・・・両極端の二極性といった言葉で表現されたりすることができるかもしれません

しかし、実際にはわたしたちの現実の事象には、3つの構成要素が存在しているのです。みなさんは男性と女性の二極性や二極性意識についての話を聞いたことがあるでしょう。それは真実を存分に語ってはいません。

これから話すたったひとつの例外を除いて、この現実には3つ目の構成要素をもたない二極性など存在したことはありませんでした。

あらゆる状況に存在する「三位一体」

三位一体はあらゆる状況に存在しています。わたしたちが普通、二極性と呼んでいるものについて考えてみましょう。

白ー黒、熱いー冷たい、上ー下、男ー女、それに太陽ー地球というのはどうでしょうか。白ー黒を見てみれば、中間に灰色が存在しています。

熱いー冷たいには、ぬるいという部分がありますし、上ー下には真ん中が存在します。男ー女の間には子供があり、太陽ー地球(男性ー女性)の間には月(子供)があります。

時間もまた3つの構成要素で成り立っています。過去、現在、未来です。

わたしたちが空間をいかに認識するかについての精神的関係性はX軸とY軸とZ軸、すなわち前後、左右、上下という軸に基づいています。

これら三方向のそれぞれに、3つの要素を構成する中心点あるいはニュートラル・ポイントが存在するのです。

3つの要素・・・・陽子・電子・中性子

たぶん一番いい例は、この3次元世界の物質の生成でしょう。物質は3つの基本的な構成要素から成り立っています。

すなわち陽子・電子・中性子です。これら3つの基本的な粒子のレベルより1つ上のレベルには原子があり、すぐ下のレベルにはより細分化された粒子構成があります。

同じ様に、意識はそれ自身を大宇宙と小宇宙の間に見出します。どちらの方向にせよ、近づいて見てみればいつでも3つの要素を見つけることになります。

特別な例外

たいていそうであるように、ここにも特別な例外というものがあります。それは物事のはじまりに関係しています。原初の様相は通常、2つの要素だけを持つのです。これは滅多に見られるものではありませんが、その1つの例は数列にあります。

123456789・・・・、2-4-6-16-32・・・・・、1-1-2-3-5-8-13-21・・・・・、などのように実際に知られている数列のすべては、奇妙なことに、その数列を導き出すために少なくとも3つの連続した数が必要となるのですーーーたったひとつを除いて。

それは2つの要素しか必要としない、黄金比対数曲線である螺旋は他のすべての数列の源になっているからです。同様に前にお話ししたようにあらゆる原子は3つの構成要素から成りますが、一番最初の原子だけは例外です。

それは水素です

水素は1つの陽子と1つの電子しか持っていません。中性子を持たないのです。中性子を持つ水素は、次の段階へ進んだものとして重水素と呼ばれます。しかし、物質のまさに始まりにおいては、2つの要素のみです。

三要素と色彩

三要素を表す数について話したところで、色彩についても触れましょう。まず三原色があり、そこから副次的にまた3つの色が創られます。

これはいま私達が宇宙として知るもの、全被造物にわたって、特殊な原初の領域を除いては、すべて3つの構成要素から成り立っていることを意味しています。

さらに加えると、宇宙はいかに人間の意識によって認識されるかという性質そのものも、時間、空間、物質という、まさに3つの主な視点から成っています。

それらのすべてが聖なる三位一体を反映しているのです。

以上。「フラワー・オブ・ライフ」p88~p89 から抜粋してみました。 

聖なる三位一体があるのなら・・!?

聖なる三位一体があるのなら、闇の三位一体が「遠い銀河の遥かに彼方」では存在していた・・のかもしれませんね。

闇の「三位一体」

とっても美しそう。しらんけど

2021年現在の地球上においては必要のないものだと感じます。

まさに無用の長物。ゆえにとっとと統合されたら良いと感じる次第であります。

ABOUT THE AUTHOR

ryo
綺麗な渓流や滝の近くで過ごしたいです。アルクトゥルスヒーリングを受けた際に宇宙時代の一切合切を手放すことを決意しました。後悔はしていません。PC表示の方にも更に書いていたりします。
Return Top