「聖なる闇」と聖なる光が

欠けているものはなにもなかった

九州・近畿地方で行きたい神社と賀茂一族「陰陽師」

九州・近畿地方で行きたい神社と賀茂一族「陰陽師」

九州。ついに。ひょんなことからきっかけを教わりました。

なにも制限が無ければ行きたいと感じていました。九州地方

四国かな?四国のほうが先かな?って感じてましたが、九州地方ですね。

  • 天孫族の天孫降臨の地。高千穂峰ですか?いってみてから決めたいです。
  • 英彦山
  • 求菩提山

直観でザっと。

英彦山。登ってみたい。いってみたい。修験道の聖地だったりするようです。

求菩提山。実はいちど・・登ったことがあります。つぎはじぶんのペースで登ってみたい。

求菩提山。英彦山ともに修験道の聖地であり強力な霊山としても有名です。

求菩提山と深い団体さんに一年ちょっとご縁がありました。頻繁に「役小角」のなまえを聞いていました。

役小角→賀茂一族→いろいろあっての→ヤタガラス?陰陽師界隈のおはなし

要するに・・役小角。かな?

修行をして霊力を高めていた「存在」で、奈良の大峰山もひらいたっぽい感じです。

役小角の別名は・・・賀茂役君。陰陽師系統の元祖でもあり修験道の元祖にもなるそうです。

そしてそして、日本の陰陽師界隈を彩ったのが賀茂一族。賀茂保憲。賀茂忠行。

追記:賀茂川。下賀茂神社。上賀茂神社・・・このあたり頻繁に通っていました。賀茂川は自転車でよく通っていました。意味があったんだなぁ。という気がしています。上賀茂神社では何故か・・・瀬織津姫が本殿から非常に遠くの場所に「ポツン」と祀られています。なぜでしょう。

賀茂保憲さんは実は実は・・安倍晴明よりも「保憲こそが真の陰陽師!」と京都界隈でウワサされる存在だったそうです。

賀茂忠行の最強の弟子だった安倍晴明公

動画とかみてテキトーに羅列してみました。真実はいかほどに?

蘆屋道満「さま」←なぜか「さま」をつけてみたい。緊張感たかめ☆

安倍晴明のライバル?だと言われているのが蘆屋道満「さま」

うん。蘆屋道満さま。誰にも「さま」なんてつけたくないのですが・・・・緊張感も感じます。。

張り合ってた?しらんけど。とってもリスペクトしてます。蘆屋道満さま。ピリピリの緊張感込みで。しらんけど。

蘆屋道満さまの「蘆屋」って「芦屋」?っていうか・・・夙川?ちょっとなにいってるかわかりません。

芦屋とか夙川とか。越木岩神社のあたりとか。六甲山系の香りが色濃いですねぇ。

カタカムナとアシアトウアンと金鳥山と蘆屋道満さま

六甲山系の香りといえば・・・アシアトウアン。

六甲山系にはかつて「カタカムナ文化」が華開いていたそうな。それはそれは・・・美しかったと。そのようにお聞きしてた・・かな?

カタカムナ。

カタカムナを滅ぼしたのが・・天孫族。カタカムナの首長のなまえは「アシアトウアン」

といった衝撃の事実を六甲山系の金鳥山。金鳥山の狐塚という場所で楢崎皐月さんという日本帝国陸軍関係者のひとが平十字さんという「存在」に教えてもらったそうです。

平十字さんは「カタカムナ神社の神主」と名乗ったそうな。間違っていたらすみません。

カタカムナ神社って?・・・もしかして:保久良神社のことかな?しらんけど。

近畿地方で行ってみたい

  • 玉置神社
  • 常神半島
  • 籠神社

近畿地方ですが、ざっと観たところ、まだまだ行きたいところありました。たんまりと

近畿地方がこれからの肝となるきがします。しらんけど。

玉置神社

ずっと行きたいのです。玉置神社。すっげぇ秘境の地にあります。

非常にアクセスしづらい玉置山の頂上1000mちかくに鎮座。

グーグルマップをひらいて計画を立てては、計画頓挫しています。

自転車でいこうと。クロスバイク。

大阪から天川村。天川村で一泊してから十津川村。十津川村で一泊してから玉置山ヒルクライムかな・・と考えていますが、相当しんどそう(たのしそう)

本格的なヒルクライムの旅。自転車で行くと毎回自転車がきらいになってしまうぐらいハードなので無理っぽい。いってみたい。無理っぽい。。。

クルマでいきましょう

レンタカーしかないなぁ。

クルマ。大好きなんですが。

籠神社。っていうか「真名井神社」

海部さんとこの家系が神主さんの神社。

海部さん。物部のDNAらしいですね。

行ってみたいです。

ユダヤとのつながりの証拠が割と多いのも良さげですね。

真名井神社の五芒星?六芒星?しらんけど。

追い詰められた出雲のDNAは丹後半島付近へ?

国津神。出雲のDNA。

なんでも・・相当恨みに感じている家系もあるらしいですね。

その恨み。一子相伝の口伝として脈々と現代に伝わるそうです。しらんけど。

そんな出雲のDNAが丹後半島付近に追い詰められてきた・・。と文献で読んだことがあります。

籠神社の海部さんもそのひとつ?なのでしょうか。

ちなみに、父方の先祖のDNA。あの辺りです。あの辺りのお墓。なにか・・関係あるのでしょうか。

Return Top