「まほら鍼灸院」ファンサイト

天に愛されし「夙川」

「シンクロニシティの乗り換え方」 廣田神社と瀬織津姫 保久良神社と蘆屋道満 六甲山

「シンクロニシティの乗り換え方」 廣田神社と瀬織津姫 保久良神社と蘆屋道満 六甲山

結論からいいますと・・廣田神社ってすごいんです。知られていないだけで。

「伊勢神宮がとにかくすごい」ことは割と知られているとおもいますが、「廣田神社がとにかくすごい」ことって知られていないんです。

東に「伊勢神宮」があるのなら、西には「廣田神社」がある。だから「西宮」なんです。すごくないですか?

そして・・そんな「とにかくすごい廣田神社」の御祭神が「瀬織津姫」であることは絶対にいわないでください。絶対に。シーッ。ひみつ。

戦前ははっきりと「瀬織津姫」と明記されていたそうです。

そういえば・・・

六甲山って「瀬織津姫」← 追記:5月4日 「ぇ?六甲山って瀬織津姫だったのか?どゆこと?」って驚いてます。なんか勝手に指がタイプしてました。私にはよくあることです。そのうち理由に気づけると思います。すでに気づいているのかもしれません。わかり次第追記していきます。宇宙フェス終わったらすべて気付けるかな。

以下、これもびっくりするぐらい画像つきで追記していきます。

Contents

阪急神戸線 夙川駅から廣田神社まで グーグル・マップ

阪急神戸線 夙川駅から廣田神社までって割と距離あるんです。

「阪急神戸線 夙川駅→夙川公園を北上→苦楽園口駅」まであるいて、更に「苦楽園口駅→廣田神社」まで歩いてみました。←(グーグル・マップの指示する経路とは違います)

すっごいしんどかったです。疲労困憊になったので、やむを得ず廣田神社から阪急神戸線夙川駅までの帰りはタクシーを利用しました。

廣田神社から阪急神戸線 夙川駅までは「1350円」ぐらい。阪急タクシーさんお迎え料金コミコミ

廣田神社から阪急神戸線 夙川駅までのタクシー代金は1350円・・だったかな?お迎え料金が300円ほど必要だった気がします。

阪急タクシーさんに廣田神社の鳥居の前まで来てもらいました。夙川から廣田神社までの道のりは、慣れない上に坂が多くて予想以上に疲労困憊。

追記:廣田神社へ行きたくなる人も多いと思います。廣田神社はとにかくエネルギーが大きい神社です。シンクロニシティも「大きめ」かも・・・・

阪急神戸線 夙川駅から廣田神社までのバスは出てないっぽいです。確認必要です。

廣田神社方面へは「無かった」と思います。

現地でしっかり聞き込みしたのですが、もしかしたら・・「出てるかも?」そんな気もします。バス出てたらごめんなさい。

廣田神社の主祭神は「瀬織津姫」と明記されていた。

「西宮」の地名由来の大社である廣田神社(兵庫県西宮市)は、天照大神荒御魂を主祭神としているが、戦前の由緒書きには、瀬織津姫を主祭神とすることが明確に記されていた。御神体の神鏡は、元は宮中の賢所に祀られていたのだが、武内宿禰・神功皇后の御代に廣田神社へ遷したことが、廣田神社由緒書きに記されている。この時期に神社祭祀に大きな変更が加えられた可能性がある。天照大神との関わりは、謎が多い。

引用:瀬織津姫 – Wikipedia

というように、戦前の由緒書には「瀬織津姫」が主祭神である。と。明確であると。そうやで。と。

瀬織津姫と天照大神との関わりには謎がおおいそうです。実際多そうですね。っていうか「謎」しか無さそう。

2020年 4月現在の廣田神社の由緒書に瀬織津姫の名前は無い

瀬織津姫の名前はありませんね。

個人的に気になるのは「諏訪建御名方神大神」さん。たしか・・あなたは・・天孫族に「滅ぼされた側」ですよねぇ。

なぜに・・こんなところへ? YOUはどうして廣田神社に?滅ぼされた側がなにしにきた?←謎が深まるばかりですね。ほんと日本の神話には「謎」しかないっすねぇ。

ちなみに、古事記・日本書紀は、藤原不比等という「えらい」人が稗田阿礼とかいろんなひとに命じて編纂させました。

歴史書が編纂されるとき、それは「勝者」が「歴史を創造」するとき

歴史書が編纂されるとき、それは「歴史の勝者」が「自分たちの歴史を創造するとき」って。どっかの偉い人が言っていた気がします。なまえは忘れました。

自分たちの歴史っすかぁ。どんな「歴史」なのでしょうか。藤原不比等たちが「創造」したという「歴史」

藤原不比等たちにより「創造」された歴史書が古事記・日本書紀ですね。まさに天孫族。

「神武血統」ということになりますね。

「神武血統」については違うサイトにて言及しています。

廣田神社は六甲山神社など六甲山系神社と関係深め(意味深)

せっかく、天に愛されし地「夙川」まで来たのだから、夙川駅から徒歩約30分の廣田神社とかゆっくり回ってみたいかなぁ。とかいろいろ考えるひともいるかもしれません。

廣田神社といえば瀬織津姫が有名ですね。そして六甲山。六甲山って「瀬織津姫」?ここ刺さる人ちょっと注意して読んだほうがいいかも。シンクロニシティ?自分としっかり向き合ってね☆

六甲山神社 バス停「宝殿橋」からは徒歩 30分ぐらい 余裕で登ります。普通に登山

廣田神社:天照大神荒魂が実は瀬織津姫とのこと。これは戦前にはっきりと明記されていた。と。

六甲山の頂上に「六甲山神社」があり激レア神の菊理媛神が祀られている超レア神社なのですが・・菊理媛神ってじつは?

六甲山神社は廣田神社の末社にあたります。廣田神社の奥宮とも言われています(重要)

阪急神戸線 夙川駅から六甲山神社への行き方?行きますの?じゃ、グーグル・マップ貼りますね。

阪急神戸線 夙川駅から六甲山神社まで。公共交通機関を利用して行けないことはないです。行けないことは。

ただ・・・バス停「宝殿橋」からは徒歩になります。徒歩。だいたい・・30分ぐらい。登ります。「六甲山のど真ん中」ですもの。

サイト管理人はバス停「宝殿橋」付近をよく知ってます。六甲山ヒルクライム自転車派閥なので。

六甲山のど真ん中という真実にうんざりするかもしれない

しかしながら、あなた自身が「シンクロニシティの流れ」にすでに乗っているのなら・・・それは「すでにあなた自身の物語」

まほら鍼灸院さまにて宇宙系鍼灸を受けるのなら。良い機会じゃないでしょうか「じぶん」を生きてみてはいかが?

しっかりじぶんと向き合ってみてください。

注意:運命的で非常に大きめの「感情」を「体験」することになると思います。号泣するかもしれないし激怒するかもしれない。あたまおかしくなるぐらいに悲しくなるかもしれない。わからない。それは「あなた自身の」ものがたり・・・。あなたなら・・・乗り越えることができると思います。当サイトを読んでくれているぐらい「変わり者のあなた」なのだから・・。しっかり自分と向き合って。

保久良神社って「カタカムナ神社」?  金鳥山で平十字氏と邂逅した楢崎皐月さん。金鳥山の狐塚は「蘆屋道満」さまの?アシアトウアンって?

保久良神社:阪急神戸線岡本駅から割と登ります。登山好きなら

阪急神戸線 岡本駅までは普通に阪急神戸線のってください。普通に。

岡本駅から・・歩きましょう。登りましょう。徒歩です。徒歩。

だいたい・・30分前後でしょうか。保久良神社にはじめていくのなら・・もっと時間かかるかもしれません。You Tubeで検索したら 岡本駅から保久良神社までの徒歩動画があるかもしれません。

そして、「カタカムナ」・・刺さります?だいじょうぶ?シンクロニシティ?しっかりじぶんと向き合ってね。

クンルンネイゴンのkan.さんが邂逅した「平十字」氏が金鳥山で楢崎皐月さんに「六甲山山中にはかつて古代文明が存在していた。その名をカタカムナ。文字もあるよ。巻物見る?」とかそんなかんじで教えたとか。おしえなかったとか。

宇宙的な叡智の法則にのっとって上古代に存在していたという、謎に包まれたカタカムナ文明。 物理学者であり電気技術者だった楢崎皐月氏が、カタカムナ神社の宮司と称される平ひら十とお字じ氏に偶然出会ったことから、世に知られるようになりました。 マスターKan.さんは、時代を超えて、同じく平十字氏からカタカムナ文献を伝授されているそうです。

引用:マスターKan./カタカムナ人は、宇宙の法則性をダイレクトに理解していた【『StarPeople』バックナンバーより】

画像引用:楢崎皐月 写真館

楢崎皐月さんは「イヤシロチ」の研究者でもありました。そして・・「帝国陸軍関係者の顔」も。楢崎皐月さん ほんとは「なに」をしたかったのでしょうか。

金鳥山とは保久良神社の裏手というか、保久良神社がすでに金鳥山。だいたいそんなかんじなのかもしれません。

陰陽師で有名なのはご存知「安倍晴明」藤原の守護人”安倍晴明”といえば・・・そうです!「蘆屋道満」さま。

兵庫県加古川のあたりで安倍晴明さんと蘆屋道満「さま」はやりあっていたそうですね。

そんな蘆屋道満さまのお墓が金鳥山の狐塚という「ほら穴」にある。らしい。というような事を聞いてやってきたのが・・・「楢崎皐月」さん。

「アシアトウアン」について。六甲山にはかつて「カタカムナ文明」があざやかに「はなひらいていた」華開いていたそうです。それはそれは美しかったそうです。機会があれば「よぉく」観てください。磐座など「カタカムナの痕跡」そこらじゅうにのこってます。六甲山。

「カタカムナヒビキ マノスベシ アシアトウアン ウツシマツル カタカムナウタヒ」

引用:六甲山の超古代文明! 謎の人物と古文書が示す「カタカムナ文明」の謎/世界ミステリー入門|ムーPLUS

画像引用:神戸六甲山のイワクラにまつわる謎

天孫族に滅ぼされたアシア族の頭領が「アシアトウアン」・・・カタカムナ神社の宮司と名乗る「平十字」さんが楢崎皐月さんに「アシアトウアンはアシア族の首長で天孫族との戦いに敗れ九州で死んだ」と伝えたそうです。

カタカムナ神社の宮司と名乗る「平十字」さんと実際に会ったことがある。というのが「kan.さん」クンルンネイゴンマスターkan.さん。kan.さんの著作「時空を超えて生きる: 潜象界と現象界をつなぐ」にはっきりと明記されています。
created by Rinker
¥1,554 (2020/06/01 21:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

六甲比女神社 THE 瀬織津姫  六甲山のてっぺんの山奥

六甲比女神社:霊峰六甲山のはるかてっぺんの山奥。てっぺん取りたいか?

行くなら覚悟が必要。このあたり余裕でマムシが出ますのでサンダルとか自殺行為。You Tubeで検索したら「六甲比女神社動画」たくさんあると思います。

落ちたら大怪我。運が悪かったらしぬかも

公共交通機関をつかって六甲比女神社へ。ぇ?ほんきで言ってます?かんたんではないです。本気なら大丈夫だと思います。本気のひとはweb検索すればいいんじゃないかな?You Tubeにも六甲比女神社への行き方動画あったと思います。

とりあえず、カンツリーハウスというバス停までは公共交通機関で行けるみたい。グーグル・マップ読みでだいたい一時間ぐらいだそうです。

カンツリーハウス(バス停)から六甲比女神社まで・・ 当サイトでいつか画像つきで機会があれば解説したいです。気が向いたら。

グーグル・マップでも・・六甲比女神社しんどいかも。事前にしっかりと下調べ必要です。サイト管理人は他サイトさまを読み込み道順を把握してから行きました。

かけまくもあやにかしこきあまてらす ← 刺さった?シンクロニシティ?もっと読みたいのならお堂にありますよ。

シンクロニシティの流れに乗っている方・・・しっかりじぶんと向き合ってください。だいじょうぶです。

5月3日 午後5時 追記:閃いたかもしれない。シンクロニシティを「乗り越えていく」

購入URL:https://starseed.fan/mypage/sellerinfo/493  →  2020/4/29開催済 akikoさんとのおはなし… → ユーザーIDとパスワード入力して購入可能です。ご新規の方は新規登録すると購入可能です。

akikoさんのお話し会4月29日分の録画を見てました。なにか「閃いた」かもしれません。スターシードオンラインサロン参加者は無料で見れますね。4月29日分のお話し会録画

サロン参加者じゃない方には録画が販売されます。購入URLへ飛ぶと購入可能です。必要だと感じる方ぜったいにいるとおもいます。

akikoさんのチャネリング凄かったですね。特に最後の方の”「ほんとうはさ、今世なにやりたいか。わかってんでしょ?」って言ってんですよねえ。宇宙から。”

魂震えますよねえ。あの部分。

4月29日お話し会のakikoさんって普段とちょっと違うっていうか・・「わりとゆるくない」

きらいじゃない。

以下の文章は「仮」です。以後どんどん追記・修正していくと思います。事実ならすごくないですか。事実なら「シンクロニシティしか無い」人生になると思います。

「本当は今世なにをやりたいのか」にあざやかに気づくため「意図的にシンクロニシティを乗り換える」

録画を観てたら閃いたんです。シンクロニシティを「乗り換えて」いけば良いかもしれません。意図的に

説明していきます。たとえば・・・

なんか知らないけどわけもわからず・・・六甲山神社」に参拝してみたいなーって「すでにシンクロニシティ感じてる方」がいるとします。

仮に成功したとしたら・・・「本当は今世なにをやりたいのか」あざやかに気づけるようになるかもしれません。

結果的に・・あなたが「じぶんの物語」をいきることになるかもしれません。あなたが「地球」でやりたかったこと。表現したかったこと。じぶんのものがたり

今世なにを残して去りたいか

「シンクロニシティの乗り越え方」具体的な方法や心構えなど。

六甲山神社の場合もあれば六甲比女神社の場合もあるかも。保久良神社かもしれないし、廣田神社かもしれない。大神神社かもしれないし鞍馬寺かもしれない。京都の東寺かもしれないし、どこかの「滝」かもしれない。「山」かもしれない。「あなた」次第。地球に来る前の「あなた」あなたの物語

  • 実は・・・正解は無いのかもしれない。わからない。理由?わかったら追記していきます。
  • 「私はどうすればいいですか?私はどこの神社ですか???ライトワーカーさん。ヒーラーさん」他人に聞くことではないの「かもしれない」
  • 「ほんとうはさ、今世やりたいことってわかってんでしょ?」あなたのものがたり。じぶんで決めてきた。「しっかりじぶんと向き合って」

例:「六甲山神社参拝」に意味不明に。わけもわからず運命的なシンクロニシティを感じている人の場合

「六甲山神社参拝に関してできることをする」関連書籍を読んで見る・webサイト読む見る・動画などで情報収集・「六甲山神社に関する詳細」を電話で聞いてみたり直接聞いてみたり。シンクロ感じる。既にここで「決まってる」→あらかじめ「大きめシンクロニシティ」感じておく→「六甲山神社」参拝 → 「運命的」大きめの感情を存分に感じる。感じきってください。じぶんを生きるという意思を表現する「なにか起きると思う。乗り越える」 → 参拝完了 → まほら鍼灸院さんで「宇宙系鍼灸」施術→「運命的」大きめの感情を統合ワーク→完了

当サイト管理人の場合

サイト管理人は「じぶん」を生きることが出来ている気がしています。

上記で説明した流れを無意識に実行していた気がします

(4年間ほどじっくりコトコト)シンクロニシティを存分に感じる→神社参拝→「運命的な」大きな感情を感じきる。じぶんをいきる意思を存分に伝える。伝えきる→ 「心霊写真が写ったりして意味不明に悲しくなり非常に腹が立って「どうして参拝に来たのかわからなくなり」帰ろうしたが→乗り越える」→ 参拝完了→(3ヶ月後ぐらい)「偶然」まほら鍼灸院さんで施術→「運命的な」大きな感情を統合ワーク → という流れ。

要するに 「シンクロニシティ→まほら鍼灸院」

追記:5月3日 当サイト管理人の場合は成功した感じなんです。「偶然」まほら鍼灸院さんで「宇宙系鍼灸」施術してもらったあと「とにかく運命的。殺意から愛へ」大きめの感情を統合ワークしました。必要でした。号泣。じぶんをいきるため。じぶんのものがたりをいきるため

質問:「今世なにをやりたいか。わかって地球に来たでしょ?」

シンクロニシティ感じまくって、超大きめのシンクロ済み神社(超LLsize)参拝して運命的感情かんじまくって「じぶんをいきる」ことをすべて伝えきるため「乗り越えて」まほら鍼灸院さんで宇宙鍼灸してもらって運命的感情を統合した結果・・・8割ほどわかってきた気がします。八分咲き。まだ満開ではないです。

うれしいようなかなしいような、もどかしい。そんな感じかもです。言葉では表現できない領域です。

しつもん:YOUはなにしに「ちきゅう」へ? 

うれしいような哀しいようなもどかしい。今世のテーマのひとつだったりするかもしれません。

六甲山自転車ヒルクライム参拝派閥なので夙川がすき

サイト管理人は「へん」なので自転車で六甲山ヒルクライム参拝派です。

自転車だと各神社をマイペースにまわることができるんです。体力を大量に消耗するかわりに。

六甲山ヒルクライムからの帰宅途中に必ず寄るところがあります。っていうかそこを目標にただ走ります。

六甲山を下山後、山手幹線をただただ東の方角へ走るんです。あー。しんど。

御影→岡本→芦屋→夙川→西宮→171号線に→旧 中環へ といった流れで帰宅するのですが「お土地柄」っていうのでしょうか。実感することになります。

日帰り自転車旅行をやってると「お土地柄」を全身で浴びることになります。

そして、好き嫌いが出てきます。どうしても。仕方ない。だってすきなんだもの。

「天」に愛されし「夙川」

  • とにかく凄い廣田神社
  • カタカムナ文明・蘆屋道満さまとの関係性しかない「保久良神社」と金鳥山
  • 蘆屋って「芦屋市・芦屋川」の芦屋?っていうかアシアトウマンってなに?
  • 瀬織津姫との関係性が濃い土地柄な気がする
  • 夙川公園の雰囲気が良い。みずがわりときれい。じかんのながれが比較的ゆるやか
  • まほら鍼灸院さんが徒歩4分の距離にあるんすよ。
  • 経営の神様「松下幸之助」も愛した「夙川」でっかい「元」邸宅があります。
  • 「ほんの一部」を紹介してみました。

愛されている気がします。割とマジで。っていうか以前から好きなんですよね。夙川のあたり。雰囲気が良いしゴミ落ちてないかんじ。

サイト管理人が愛する夙川のセブン-イレブン

六甲山ヒルクライムのあと、疲労困憊になりながら目指すのはこのセブンイレブンです。

実際、ロードバイクのひとやバイクのひとなど様々なひとたちに愛されていそうな夙川セブンイレブンだと思います。

ABOUT THE AUTHOR

osakaking
サイト管理人です。まほら鍼灸院さんのことが好きすぎてこのファンサイトを立ち上げました。
当サイトとまほら鍼灸院さんは特に関係ありません。
院長先生に「あのサイト読んだのですが?」ってお聞きしても苦笑いされるだけだとおもいます(笑)
当サイトへのご意見・ご要望は以下の「お問い合わせ」へ。よろしくお願いいたします。
お問い合わせ

Comment on Facebook

Return Top