「聖なる闇」と聖なる光が

欠けているものはなにもなかった

瀬織津姫

Tagged
Return Top