「聖なる闇」と聖なる光が

欠けているものはなにもなかった

蘆屋道満

Tagged
Return Top